テストステロンを増やす方法ガイド!活力を取り戻せ!

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を増やす方法を徹底解説!男性の精力・活力・滋養強壮にはテストステロン分泌量を上げるしかありません!

増える食事

ヨーグルトを食べるとテストステロン値が下がるって本当?!

投稿日:2017年4月5日 更新日:

男性ホルモンの約9割を占めているテストステロン。

男性の場合はそのほとんどが皐丸で作られ、わずかに副腎でも作られています。

テストステロンが分泌されると、血流に乗って体内を駆け巡り、次のような働きをします。

  • 筋肉や骨の成長
  • 肥満の予防
  • 若々しさを保つ
  • 精力強増
  • 神経伝達速度が上がる

テストステロンは肉体面から精神面まで幅広く影響を及ぼすという非常に重要なホルモンのことです。

そしてテストステロンの数値を高めてくれる食べ物と逆効果の食べ物があります。

今回は健康食品として有名なヨーグルト注目。

噂ではヨーグルトはテストステロン値を下げると言われています。

腸内環境を整えて肌に良いと言われるヨーグルトなのに、テストステロン値を下げるとしたら、食べるべきか迷いますよね。

今回はヨーグルトはテストステロン値を実際に下げるのか?

検証してみましょう。

ヨーグルトはテストステロンを減少させる

ヨーグルトは低脂肪乳製品です。

カロリーが低く栄養価値が高いために女性やダイエットをする人に人気の健康食品です。

全脂乳製品には、牛乳、チーズ、クリーム、クリームチーズ、アイスクリームがあります。

低脂肪乳製品は、低脂肪牛乳、ヨーグルト、カッテージチーズが含まれます。

乳製品は腸内環境を整えて、肌に良いとされる一方で、テストステロンの数値を下げるという研究結果が出ています。

乳製品には大量のエストロゲン(女性ホルモン)が含まれており、その摂取量増加に伴い精液が悪くなることを示しています。

ヨーグルトがテストステロン値を下げる原因はエストロゲン(女性ホルモン)

米国のロチェスターで10代から20代の若い男性189人をテストしました。

乳製品の摂取状況と精液の状態を調査しました。

年齢、禁欲期間、人種、喫煙、BMI、運動の状況、テレビ視聴状況、総カロリー数で補正し、回帰分析を行いました。

なんと全体の乳製品の摂取が多くなると、精子形態の異常が増加したのです。

特に、全脂乳製品の摂取において顕著であり、摂取が少ない方と比べ摂取が多い方では、正常形態精子が3.2%有意に減少しました。

また、全体の乳製品の摂取が増えると、直進運動精子が減少しました。

WHOの調査などによると、現代の世界中の男性の精液所見はどんどん悪くなっています。

この理由として、運動しなくなったこと、座位、食事、環境ホルモンの関与が考えられています。

環境ホルモンは女性ホルモン(エストロゲン)様作用を持つ訳ですが、乳製品には大量のエストロゲンが含まれています。

そこで、乳製品の摂取が精液所見に影響しているのではないかと考え本研究が行われました。

すると乳製品の摂取は精子によくないことがわかりました。

現代の畜産業では、牛乳は時期の異なる妊娠中の牛(約75%の)と妊娠していない牛の乳をミックスしたものです。

米国では、肉牛にはエストロゲンの入った飼料を与えていますが、乳牛には与えていないということです。

しかし、妊娠中の体内ではエストロゲン、プロゲステロンをはじめインスリンなど多くのホルモンが大量に産生されています。

これらのホルモンは乳汁中にも移行しますので、乳製品には大量のエストロゲンが含まれています。

実際に欧米諸国では、全体に摂取されるエストロゲンの60~80%が乳製品由来となっています。

乳製品の摂取に伴い男の子の血中および尿中のエストロゲン、プレグナンジオール、IGF-1(成長ホルモン)などが増加していることが知られています。

また、大人の男性では、乳製品の摂取に伴いテストステロン(男性ホルモン)、LH、FSHの減少が認められます。

つまりヨーグルトを食べた男性は、

  • エストロゲン(女性ホルモン)が増える
  • テストステロン値が下がる
  • LHが下がる
  • FSHが下がる
  • 精子形成下がる

という流れになります。
結果的にヨーグルトはテストステロン値を下げることがわかりました。

乳製品の取り過ぎは精子の質を下げる

また次のような研究でも乳製品はテストステロン値を下げると発表されています。

乳製品と精子の質の関係については、マサチューセッツ総合病院で不妊治療を受けているカップルの男性を対象にしてテストしました。

全脂肪の乳製品をたくさん食べる男性ほど精子の質が低かったことがわかりました。

またスペインの研究チームの調査でも乳製品はテストステロン値を下げるとの結果を出しています。

乳製品を多量に取る男性は、そうでない男性に比べ精力や精子製造能力が低いそうです。

その理由として、多くの乳牛は乳をなるべくたくさん出すように、人工授精によって常に妊娠状態になっています。

採取される乳には多量の女性ホルモンが含まれていて、体内のホルモンバランスが崩れるのです。

女性ホルモンは過熱や殺菌では失われないため、乳製品や牛乳を多量に採取すると体内に女性ホルモンが増えて、結果的に精力や性欲が減少するとわかっています。

まとめ

乳製品や牛乳に含まれるエストロゲン(女性ホルモン)が精子形成にマイナスの影響を及ぼすことがわかっています。

特に男性は、テストステロン値を下げないためにも、乳製品を過剰に摂取することは避け、牛乳を飲むとしたら、低脂肪乳を選択するのが良いでしょう。

-増える食事
-,

執筆者:

関連記事

男前フェロモン·テストステロンの分泌量はアルギニンで増えるのか?

男らしい肉体は男性フェロモンであるテストステロンがカギであることが分かってきました。 つまりテストステロンを増やせば男前になるということ。 最近はテストステロンを増やすために、様々なサプリメントやドリ …

注目の精力アップ成分!クラチャイダムとテストステロンの関係

テストステロンとは精力や心身の健康を維持する男性ホルモンです。 年齢によってテストステロンが減少すると、男性としての魅力も比例して減少します。 テストステロンは男性にとって非常に重要なホルモンなので、 …

アルコールはテストステロンを減少させるって本当?!

男性ホルモンは男らしさを決定する重要な存在。 多くの男性が気にする“下半身”への影響はもちろん、気力、性格、社会性にまで影響します。 20代をピークに緩やかに分泌量が減っていきますが、できることなら年 …

マカはテストステロンの分泌量を増やすのか?

最近やる気がなかったり、精力がなくなったと感じることはありませんか? それはもしかしたら、男性ホルモンのテストステロンが減少しているのかもしれません。 男性ホルモンのテストステロンは… 闘争心やモチベ …

コーヒー好き必見!カフェインはテストステロン値を上げるのか?!

カフェイン入り飲料といったらコーヒーですよね。 日本人は世界で一番コーヒーを飲む国。 朝は必ずコーヒーを飲む方も多いですね。 最近は淹れたてのコーヒーがコンビニでも手に入ります。 カフェイン入りの飲料 …