テストステロンを増やす方法ガイド!活力を取り戻せ!

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を増やす方法を徹底解説!男性の精力・活力・滋養強壮にはテストステロン分泌量を上げるしかありません!

増える食事

モテる男性ホルモン「テストステロン」は亜鉛で増やせ!

投稿日:2017年3月17日 更新日:

みなさんは「テストステロン」をご存知ですか?

テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。

男性ホルモンの大部分を占める重要な要素の一つで、骨・筋肉・性欲・バイタリティ作用など男性として生きるために大切なホルモンです。

テストステロン次第で男の価値は上下すると言っても過言じゃありません。

テストステロンの分泌が減ること、それは男性として生きていく上で重要な筋肉や性的魅力がないことを意味します。

性機能要素も減っていく人生の下り道を歩き出している証拠です。

逆に言えば、テストステロンをしっかりと分泌することこそ、おじいちゃんになっても男性として魅力的に生き続ける近道なのです。

亜鉛は、男性では前立腺や性腺に高濃度に含まれていて、性ホルモンの合成や精子の生成などに深く関係しています。

亜鉛が欠乏すると性的な機能が低下する可能性があり、アメリカでは亜鉛は“セックスミネラル”とも呼ばれています。

そんな男性ホルモン「テストステロン」を増やすカギは、「亜鉛」を摂取することだとされ、多くのサプリメントが発売されています。

今回は男性必見!テストステロンのカギとなる「亜鉛」についてフォーカスします!

亜鉛を摂取するとテストステロンが増える?

40代になって性欲が衰える男性は多いです。「亜鉛摂取でテストステロンが出る?どれくらい効果あるの?」について検証しましょう。

亜鉛は、ほとんどの日本人男性が不足している成分です。

亜鉛自体には直接的にテストステロンを増やす効果はなく、体調を整えて結果的にテストステロンの増量ということが期待できます。

男性が1日に必要な亜鉛は12mgと言われていますが、1日の食事でとれる亜鉛の平均は8mg程度。

亜鉛が豊富な卵などの食材を取れれば最も良いですが、取ることができない人はサプリメントでしっかりと補強するようにしましょう。

亜鉛はホルモンバランスを整えてくれるなど重要な栄養素ですが、男性ホルモンの量との直接の関連が医学的に証明されているわけではないようです。

そのため、飲めば効果があるとは言い切れず、また効果が出たとしても劇的な改善が見込めるわけではないことは理解しておきましょう。

亜鉛はどの食品に多く含まれている?

亜鉛は食事からとるのが一番です。たんぱく質が豊富な肉や魚などに加え、亜鉛が含まれる食品には、生乳、チーズ、豆、そしてケフィアなど生の牛乳から作られるヨーグルトなどがあります。

ベジタリアンなら、十分な亜鉛を食事からとるのは難しくなります。

肉を食べる人でも、近年の畜産業のやり方だと、大量の化学肥料や殺虫剤が使用されているため、亜鉛の摂取は簡単ではありません。

これらの化学物質は、土壌内の栄養を激減させてしまいます。植物が吸収して、それを食べるあなたがまた吸収する亜鉛などの栄養素が激減するのです。

また亜鉛は魚介類のカキに豊富に含まれていることが知られているが、貝や肉などの動物性食品に多く含まれているのが特徴です。

亜鉛は通常の食事で欠乏することはまずありませんが、植物性食品に偏った食生活を送っている人では不足することがあります。

また、味覚障害は若い女性に多いという報告があります。これは、肉を食べないような極端なダイエットが原因の一つだと考えられます。

亜鉛は吸収率が低く、腸管からの吸収率は約30%ともいわれているます。

穀類や豆類に多いフィチン酸や青菜に多いシュウ酸は、亜鉛と結合することによって亜鉛の吸収を妨げるため、ベジタリアンの人は、とくに亜鉛が不足しやすく注意が必要です。

では、肉をしっかり食べていれば大丈夫かというと、そうともいえません。

加工食品に含まれている添加物のリン酸塩やポリリン酸なども亜鉛の吸収を妨げます。つまり、加工食品ばかりの食生活を送っている人も亜鉛が不足しやすくなります。

亜鉛はどれだけの量を摂取すべき?

亜鉛不足が原因で男性機能が衰えていたり、脱毛している場合には、亜鉛の摂取が有効ですが、そうでない人が過剰にとっても、逆効果です。

亜鉛のサプリメントは男性に人気です。しかし、あくまでも、“不足している人がとれば有効”ということ。

亜鉛は1度にたくさんとると吸収率が低下するという特徴があるので、サプリメントで摂取する場合、高含有量のものを1日1回とるよりも、低含有量のものを数回にわけてとるほうが有効です。

亜鉛は食品からとる分には過剰症の心配はないが、サプリメントで多量の亜鉛を継続的に摂取すると、銅や鉄の吸収が阻害され、貧血になることがあります。

また、抗酸化酵素であるSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)の活性が低くなるという報告もあります。

男性機能を高めたり、発毛を促したい場合、亜鉛だけに注目するのではなく、バランスのいい食事を心がけることが重要です。

亜鉛は手軽にサプリメントで補うのがおすすめ!

多くの亜鉛を毎日の食事から取るのは大変です。

ですので、毎日亜鉛を確実に取るためにはサプリメントが一番いいのではないでしょうか。

もしサプリメントで亜鉛を摂ろうとするならば、1日40mg以下を守ってください。この量が、大人1日の摂取量の上限です。

亜鉛を摂りすぎると、体が銅などの他のミネラル分を吸収するのを妨げるという問題が発生します。また、副作用として吐き気などを感じることもあります。

亜鉛はテストステロン分泌促進だけでなく、人体にとって必要不可欠な栄養素です。

他の重要な栄養素と共にバランスよく摂取し、身体の調子を整えることで、ホルモンバランスや健康な性欲を維持することにもつながっていきます。
今回の「モテる男性ホルモン「テストステロン」を増やすカギは亜鉛だった!」はいかがでしたか?

「亜鉛」は一日の摂取量を守って、有効的に取り入れましょう。いつまでも男らしくいるために、きょうから亜鉛摂取、始めてみませんか?

-増える食事

執筆者:

関連記事

マカはテストステロンの分泌量を増やすのか?

最近やる気がなかったり、精力がなくなったと感じることはありませんか? それはもしかしたら、男性ホルモンのテストステロンが減少しているのかもしれません。 男性ホルモンのテストステロンは… 闘争心やモチベ …

コーヒー好き必見!カフェインはテストステロン値を上げるのか?!

カフェイン入り飲料といったらコーヒーですよね。 日本人は世界で一番コーヒーを飲む国。 朝は必ずコーヒーを飲む方も多いですね。 最近は淹れたてのコーヒーがコンビニでも手に入ります。 カフェイン入りの飲料 …

ヨーグルトを食べるとテストステロン値が下がるって本当?!

男性ホルモンの約9割を占めているテストステロン。 男性の場合はそのほとんどが皐丸で作られ、わずかに副腎でも作られています。 テストステロンが分泌されると、血流に乗って体内を駆け巡り、次のような働きをし …

豆乳はハゲ予防に効果的?テストステロンとイソフラボンの関係

薄毛に悩む男性の皆さん。 「男性ホルモンが多いからハゲる」とはよく聞く話ですよね。 最近の研究ではハゲる原因と男性ホルモンとの関係が明らかになってきています。 ハゲは男性ホルモンのテストステロンと非常 …

注目の精力アップ成分!クラチャイダムとテストステロンの関係

テストステロンとは精力や心身の健康を維持する男性ホルモンです。 年齢によってテストステロンが減少すると、男性としての魅力も比例して減少します。 テストステロンは男性にとって非常に重要なホルモンなので、 …