テストステロンを増やす方法ガイド!活力を取り戻せ!

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を増やす方法を徹底解説!男性の精力・活力・滋養強壮にはテストステロン分泌量を上げるしかありません!

男性ホルモン
「最近体が重くて元気がないな」
「活力が湧いてこなくなってしまった」
「やる気が出てこなくて何だか鬱っぽい」

テストステロンの分泌量が落ちてくると、男性らしさがなくなってきてしまいます。

「何とかテストステロンを増やして昔のように元気になりたな!」

そう思っていますよね?

テストステロンの分泌量は努力次第でいくらでも増やすことができます。テストステロンを増やすにはどんな方法があって、どれがおすすめなのかお伝えします。

テストステロンを増やす方法・おすすめランキング

精力剤

手軽さ 効果 備考
栄養補給によりテストステロンの分泌をアップさせる

筋トレ

手軽さ 効果 備考
筋トレを継続でテストステロンアップ

恋をする

手軽さ 効果 備考
恋愛感情を抱くことで効果あり

手軽で簡単な方法なら精力剤がおすすめ

精力剤はテストステロンの分泌量を上げるのに有効な「栄養」を手軽に摂取することができます。精力剤というと「夜の生活」への影響が大きいように感じますが、夜の生活にはテストステロンが大きく関係しているためですね。

特にテストステロンの分泌量をアップさせたいなら、亜鉛・アルギニンといった成分が多く含まれている精力剤を選ぶのが効果的です。

また、精力剤の場合は精力剤を単純に毎日飲むだけという手軽さが魅力です。テストステロンの分泌量をアップさせたいけど面倒なことは続ける自信がない、というあなたでも、サプリを飲むだけなら続けられますよね?

テストステロンの分泌量アップにはある程度続けていく根気が必要です。根気は実施する内容によって難易度が変わってくるので、出来るだけ続けやすい対策をするのがおすすめできますね。

精力剤を真剣に選びたい方は、以下のサイトを確認してみましょう!実際に50種類以上も飲み比べたうえで精力剤の選び方が、詳しく書かれています!

精力剤ナビ.biz

根気があるなら筋トレがおすすめ

精力剤と並んで効果的なのが筋トレです。ただ、筋トレの場合は続けるのに人一倍忍耐力を要するので、誰でも実現できるわけではないのが欠点ですね。

筋トレを続けられるとテストステロンの分泌量アップだけでなく、血流の改善やダイエット効果も期待できるため、総合的な健康効果まで期待できるのがメリットです。続けられるなら筋トレを行うことはとてもおすすめできます。

筋トレを続けるコツは「一人でやらないこと」「ジムなどに入会してお金を支払うこと」です。辛い筋トレを何の理由もなく一人で続けられる人はなかなかいないので、テストステロンを増やすという以外の別の理由をつけるとよいでしょう。

テストステロンの役割

テストステロンの役割は「男性特有の男性らしさ」を作り出すことです。男性特徴の中には様々なものがあります。

  • 闘争心
  • 競争心
  • 好奇心
  • 男性の生殖機能
  • 男らしくたくましい体つき

テストステロンはこのような男性の特徴になくてはならない存在です。

テストステロンを増やす方法9選

テストステロンを増やす方法はいろいろあります。ベスト3は発表しましたが、もっともっと知りたいという方のために、どんな方法があるのかご紹介してきますね。

筋トレをする

筋トレ
すでにご紹介しましたが筋トレが何故テストステロンを増やすのか、簡単に説明しておきましょう。

男らしいたくましい体つきは筋肉がなくては始まりませんよね?

そうなんです。男性の方が筋力が優れているのはテストステロンの分泌のおかげだったんです。そのため、筋力アップをしようとする筋トレはテストステロンの分泌が欠かせません。

筋肉強化する⇒テストステロンが分泌される、という関係性が成り立っているんですよ。

詳しくはこちら

タバコを止める

タバコ
タバコは残念ながらいいことはありません。タバコの外で最も恐ろしいのは活性酸素という非常に酸化力の高い物質を生み出してしまうことです。

活性酸素はその強い酸化力から体内の細胞や栄養を破壊してしまいます。

テストステロンも体内で生成されるホルモンの一種なので、栄養がなければ作り出すことはできません。ホルモンの原材料となる栄養を破壊してしまう活性酸素はテストステロンの分泌量を低下させる原因だったんです。

もちろん、テストステロンだけではなく体内の細胞破壊は老化の原因や筋力低下の原因にもなるので、タバコをやめるに越したことはありません。

詳しくはこちら

お酒を飲み過ぎない

お酒
お酒は適量であれば特に問題ありませんが、飲み過ぎると非常に危険です。

お酒の解毒は肝臓で行われますが、解毒のために利用されるのがミネラル・・・特に亜鉛も消費されてしまいます。

亜鉛はテストステロンの分泌に欠かせないミネラルと呼ばれている一方で、ミネラルの中でも最も摂取しにくい栄養といわれています。ただでさえ摂取しにくい絵ようである亜鉛がお酒によって使われてしまうと、テストステロンの分泌量が低下するのは明らかですね。

詳しくはこちら

睡眠を良くとる

良い睡眠
良い睡眠をとることは体内の新陳代謝を活性化させるためホルモンの分泌促進につながります。ただ、良い睡眠といっても長時間寝ればいいというわけではありません。

睡眠時間だけではなく、質の高い睡眠をとることも重要です。

  • ゴールデンタイム(深夜2時ころ)に熟睡している
  • 自分に適した睡眠時間である(多くの人が6時間~7時間)
  • 睡眠前にブルーライトなどを浴びていない
  • リラックスして寝ている

睡眠で最も重要な点はゴールデンタイムに熟睡していることですね。ただ寝ているだけではだめで、熟睡していなければなりません。人間は入眠して1.5時間くらいはレム睡眠という眠りの浅い時間なので、0:30までには睡眠できるようにしておかなければなりません。

その他、睡眠前に睡眠を妨げるような行為はしないようにするとよい睡眠がとれてテストステロンの分泌量も上がります。

詳しくはこちら

興味関心を持つ

興味関心
色々なことに興味関心を持つことがテストステロンの分泌量を底上げします。なんで?と思うかもしれませんが、テストステロンの役割を思い出せばわかると思います。

テストステロンは闘争心・好奇心といった男性に良く見られる感情を支配するホルモンです。

興味関心を抱き様々なことに挑戦すると、テストステロンの働きもよくなり、自然と男らしさを取り戻しやすくなるんですね。

  • 新しい仕事に積極的に取り組んでみる
  • 今までやりたいと思っていてやれなかったことに挑戦してみる
  • 交友のなかった人と話してみる

こんな些細なことでも、新しいことに挑戦することがテストステロンの分泌量に貢献してくれます。

例えば、音楽なんて簡単に実施できる方法なので、試してみるのもありですね。

詳しくはこちら

恋をする

恋をする
男らしさを作るのは恋愛感情を抱く時ですよね?もう何年も恋をしていないなと、思っていると思いますが、恋愛感情を抱かないとテストステロンも分泌する必要性がないと判断されてしまいます。

動物の雄としての役割を果たそうとしていないのですから、テストステロンが不要と体に思われても仕方ありませんね。

ただ、今更この年で恋をするのは難しいかもしれません。奥さんのことを付き合いたての頃のように愛することなんてできませんよね?

かといって、若い女の子に手を出そうものなら「不倫」となってしまい、離婚⇒慰謝料⇒孤独な未来が待っているかもしれません。

リアルな恋をするのは大変危険なので、テストステロンの分泌量アップのためにおすすめなのが

「芸能人などの架空の人物に恋をする」

ことです。テストステロンの分泌のためには、本当に恋愛をする必要はありません。

あくまでも、恋愛感情を抱くことでテストステロンの分泌を促したいだけなので、疑似恋愛でも十分な効果を発揮するんです。

日光を良く浴びる

日の光を浴びる
日光を良く浴びることでテストステロンの分泌に必要なビタミンDが合成されてテストステロン分泌量アップするといわれています。

夏になると盛んにチャラ男がナンパを繰り返すのは日光を浴びる機会が増えて、テストステロンの分泌量が上がり性欲アップしているからだ、なんて言われていますからね。

日光を浴びることはビタミンD以外にも幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌量アップに貢献するといわれています。セロトニンの分泌量が上がるとストレスが軽減されるため、テストステロンの分泌量はもちろんのこと、良いことづくめになりますね。

日光を浴びる機会は社会人だと少ないと思いますが、ちょっとした工夫で増やすことができます。

  • 朝寝起きに散歩をする習慣にする
  • 通勤時に1駅歩いてみる
  • 朝起きたら日が当たる部屋で時間を過ごす

仕事が終わった後だと日光を浴びる機会が少ないので、朝の時間を活用して日光を浴びるようにしたいですね。

趣味や好きなことを作る

興味関心を持つことがテストステロンの分泌量アップに貢献するという話に似ていますが、趣味や好きなことを実施することもテストステロンの分泌量アップに貢献します。

趣味を持つことで、好きなことだからこそうまくなりたいという向上心も芽生えますし、趣味があることでストレス発散効果も期待できます。

さらに、運動系の趣味であれば筋トレ効果やダイエット効果も生まれて、健康面にも効果を発揮してくれますね。

テストステロン分泌により食事・栄養を摂る

食事をとる
テストステロンもホルモンの一種で体内に栄養がなければ作り出すことができません。テストステロンの分泌にはどんな栄養が必要なのでしょうか。

  • 亜鉛
  • セレン
  • アルギニンなどのアミノ酸

テストステロンの原材料は主にアミノ酸と亜鉛・セレンといったミネラルです。特に亜鉛は不足しやすいミネラルなので、意識的に摂取しなければなりません。

テストステロンを増やす食事方法はこちら

亜鉛をたくさん含む食材としては牡蠣などが有名ですが、毎日コンスタントにカキを食べるのも難しいでしょう。

そのため、精力剤で手軽に栄養を摂取するのが簡単なんですね。

テストステロンの分泌量が落ちると待っている未来

テストステロンの分泌量が下がってくるのは年齢とともにある程度仕方のないことですが、このまま放っておくと危険かもしれません。

  • 活力低下からくるうつ病
  • 男性機能の低下によるED
  • ホルモンバランスが崩れることによる情緒不安定
  • 男性更年期障害の発症

年のせいだから仕方ないね、といってはいられません。出来ることがあるのですから対策していかないと、10年後20年後の生活が変わってきてしまいますよ。

投稿日:2017年3月7日 更新日:

執筆者: